FASHION, SIMPLE LIFE

貧乏性の断捨離は自分の欲望を満たすことで進む

こんにちは。わこです。
一般庶民の上質な生活はミニマリストから。ミニマルエレガンスな生活を目指すブログです。
PCから嫌な音がしている気がする…気がするだけでどうにかすんでほしいところ。最近プリンターも急に壊れてしまったし何か家で発生しているのかしら。
断捨離の好転反応だったらいいなー。

貧乏性の断捨離は自分の欲望を満たすことで進む

なかなかモノを捨てられない人は「コレ捨てたらまた必要になるのでは…?またお金出して買うの?もったいない!」「これ¥〇〇したのに捨てるのもったいない…」「まだ使えるのに、、今度使おう(使わない)」が理由だと思います。少なくとも私はそう。
捨てる時にモノと目が合ってしまうんですよね…(モノに目はないです。気のせいです。)そんな私たちがおおおゴリゴリ捨てていくぞ!!!なんて気持ちになるものは「お金欲」と「承認欲求を満たす」ことしかない。

お金欲を満たして捨てる

1.断捨離箱を用意(私は引っ越しの時に使用した段ボール利用。このままリサイクルショップにもっていくことも想定)
2.「売ったらちょっとはお金になるかも」と思いつつ目を皿のようにして部屋の中を見回す
3.一瞬でもいらない、と感じたものは即断捨離箱へ
 →いらないモノを拾い上げた瞬間、心の中に「もったいな!まだ使える!また必要なときがあるかも!」という気持ちが湧き出てきますが「とりあえず、、断捨離箱にいれておくか。邪魔だし」という気持ちでぽいぽいします。本当に使うときがあれば引っ張りだせばよい。(私は使ったことないです)
4.落ち着いてからフリマ・リサイクルショップ・ブックオフなどで売る。
  その時は無心。利益を出すことは考えず累計をひたすら計算する。
 →私は邪な人間なので心の中で¥〇万たまったらアレ買う、¥〇売り上げたらアレ買う…と取らぬ狸の皮算用です。実際たまるころになると断捨離モードになっているので必要ない時が多々。

特にブランド物を持っていない私の所持品でもそれはもうゴリゴリ売りはらうことで半月ほどで1.5万になりました。部屋に転がってる我が家の不要なものはほかの家庭には必要なモノなようです。

本はブックオフ


ブランドモノはブランディアが便利

承認欲求を満たして捨てる

上のお金欲…が満たされそうなものはごりごりごりごり売りまくりましょう。本当に意外なモノが売れます。買っただけで開いてもいない資格の本とか…ね…売れます。本棚を見るたびにうっってなっていた心も軽くなりました…。
ただ技術書・自己啓発以外の本類。あまり売れない。特に小説は発売してすぐじゃないとほとんど値段もつきませんし、送料のほうが高いことのほうがざらですし、(太いから)ブックオフも0円買取ですし…。(そして店頭で売られているのを見て黒い気持ちになること多々。仕方ないのですけど。)

でも読み返さないこと多々ですし、紙の本は場所もとるしでさらっとどうにかしたいところ。そこで「図書館に寄付」です。図書館じゃなくてもいいのですけどどこの地域でもあって持ち込みできて、送料・手数料かからなくて喜んでくれるのは図書館。
家仕事ってなかなか承認欲求得られないと思うんですよね。ごはん作っても洗濯してもありがとうなんて言ってくれないし。家は勝手に片付く生き物じゃないぞ!!!!
そんな家仕事より簡単にありがたがられる寄付。読まない本が綺麗さっぱり無くなりました。売れない本がたくさんで溢れている…という方は一度地域の図書館に問い合わせを。

 

ランキング参加中↓ ミニマムライフの皆さんの生活を参考にするため毎日見てます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ
にほんブログ村 ファッションブログ 30代女性ファッションへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA